保護犬・保護猫に
より良い医療を

保護犬猫支援基金

MEDICAL AND HEALTHCARE SUPPORT

協力動物病院において医療行為を受けた保護犬・保護猫が、1頭あたり5,000円の医療費補助を受けられる「保護犬猫支援基金」を設立しました。2021年7月より運営を開始しています。

  1. HOME
  2. 保護犬猫支援基金

保護犬・保護猫に
より良い医療を

「保護犬猫支援基金」は、取り組みにご賛同頂いた企業からのご寄付を原資とし、協力動物病院において医療行為を受けた保護犬・保護猫が、1頭あたり5,000円の医療費補助を受けられる、という仕組みです。

私たちは、保護犬・保護猫がより良い医療を受けられることが、譲渡の促進にも繋がると考えています。基本的には、譲渡を前提とした保護犬・保護猫に対する医療行為への医療費補助となりますが、協力動物病院の判断で、ボランティアの方々にとって金銭的な負担が大きい飼い主のいない猫への不妊去勢手術 (TNR) 等に使われる場合もあります。

保護犬猫支援基金 イメージ

[ 協力動物病院 (50音順) ]

※2022年3月時点の協力動物病院一覧であり、変更となる場合があります。
※今後更に協力動物病院を増やしていく予定です。

当基金による医療費補助を受けた
保護犬・保護猫の頭数

多くの保護犬・保護猫が、「保護犬猫支援基金」による医療費補助を受けています。一匹でも多くの保護犬・保護猫がより良い医療を受けることができるように、私たちはこれからも支援頭数を増やしていきます。

259
(2021年12月23日現在)

当基金を支援する

「保護犬猫支援基金」の運営は、団体・企業様からの協賛・寄付金で成り立っております。一匹でも多くの保護犬・保護猫により良い医療を提供できるよう、皆様からの温かいご支援お待ちしております。

支援する
※フォームから支援についてお問い合わせください。