クリステル・ヴィ・アンサンブル

News & Blogs ブログ&ニュース

Volunteer’s Report 005 アニマル・ウェルフェア サミット2017に参加してきました

「アニマル・ウェルフェア サミット2017に参加してきました」

三浦 新

 

「保護犬・保護猫と暮らそう」

去る8月27日、10時半より東京大学農学部2号館にて開催された、「保護犬・保護猫と暮らそう」を聴講してきました。

料理研究家  藤野真紀子さん

女優 とよた真帆さん

横浜商科大学商学部准教授 岩倉由貴さん

MC 渋谷亜希さんのご案内により、3名の登壇者の方々のお話が始まりました。

_C5A2475

登壇者の方、全員が保護犬・保護猫を飼っていらして、色々な体験談を聞くことができました。

例えば、藤野さんから、保護犬の「断脚を決断した」というお話がありました。

犬にとっての幸せを考え抜いて、断脚に至るまでの経緯を聞くうちに、四つ足動物にとっての足を1本切るという選択が、果たして私にもできるだろうかと、思い悩みながら聞いていました。

岩倉先生からは、959名の方から回答を頂いた「保護犬・保護猫に関するアンケート」の発表がありました。

結果は、保護犬でも、ペットショップで購入した犬でも、犬の方が飼う時に「ハードルが高い」と感じているという回答や、保護猫には、「人に慣れていない」というイメージがあるという結果が出ていて、何がマイナスイメージなのか分かりやすく解説して下さいました。

そして、一度でも保護犬・保護猫を飼った経験がある方は、次飼う時も保護犬・保護猫を選ばれる方が多いという結果が出たと聞いて、どこかホッとしました。

 

なかでも印象深かったのが、とよた真帆さんのある心臓疾患のポメラニアンの話です。

その保護犬は、心臓疾患があり、手術をしなければ助からない犬だったそうです。

それでも、とよたさんは、ある保護猫と一緒にそのポメラニアンを引きとり、楽しい時間を過ごしたけれども、手術中に自身の心臓の力がつき、亡くなってしまったそうです。

一緒に過ごせたのは、手術までのほんの1週間。

とよたさんは色々考えたそうです。

あげていたごはんがだめだったのか?

病院がいけなかったのか?

手術させたタイミングがいけなかったのか?

自分の何がいけなかったのか?

とよたさんが一言発するごとに、いつか自分が見送った猫達が記憶の中から蘇り、そしてまた、自分をおいて先に逝ってしまったことを思い出しました。

ペットを失った時に、きっと誰もが一度は思うこと。

 

――あの時こうしていれば……

 

ペットを亡くす辛さや後悔は、飼い主であれば必ず経験することです。

亡くなった原因が、全て自分にあるような気がして、飼い主は自分を責めます。

ペットは、何も語ることはできません。

でも、どちらも頑張ったのです。

飼い主もペットも互いに頑張った末に、ペットは生を全うして先に逝ってしまうのです。

とよたさんの言葉に導かれ、私はいつしか記憶の中にある「あの日、あの時」に引き戻されていました。

 

引き取ったポメラニアンが、最後に家庭の幸せを感じることができたのは良かったと、とよたさんは話を結びました。

私は、思わず息を止めました。

ポメラニアンを、どれだけ慈しんできたのか。

どれほどの時間をかけて、悲しみを乗り越えてきたのか。

とよたさんの静かな一言で、十分伝わってきたのです。

気付けば、私はハンカチを探していました。

鞄からハンカチを取り出す、ほんの少しの間、会場内が優しさで満たされたような気がしました。

それは祈りにも似て、見たことのないポメラニアンと、それぞれの心の中にいる「先に逝ったペットたち」を、再び見送ったような感じがしました。

_C5A2504

登壇者の方の保護犬・保護猫との出会いや生活の話を聞いているうちに、ペットがそれぞれの家族となっている様子が浮かんできました。

もちろん、楽しいお話だけではなく、お互い歩み寄るために、しんどかった時期のお話もありました。

人間との暮らしにあまりいい思い出のない保護された犬や猫でも、お互いの折り合いのつくところで、平和な一日が送れるのなら、それはいい出会いであるはずだと信じている、と藤野さんが仰っていました。

そして、保護犬・保護猫への「自分のハードル」を見極めることが重要だと指摘されていました。

そのハードルが高いのか、低いのかは人それぞれだと思います。

もしくは、ハードルは無いと思った人もいたかもしれません。

ただ、保護犬と保護猫が存在していることから目を背けずに、考えるきっかけを頂いたことが、一番大切なことなのかもしれません。

――自分に何かできるだろうか?

プログラム終了後、皆さんがそう考えているといいなと思いながら、教室を後にしました。